4K/UHDとは―第2章「4Kプロジェクターの種類」

 

前章の「4Kとは?」は濃厚な内容でしたね。
本章は「4Kプロジェクターの種類(方式)」についてご紹介いたします。

実は、プロジェクターで4Kを投写する技術は一つではない!!
各メーカーで様々な方式を採用しています。どれを選ぶかはあなた次第。

4Kプロジェクターの投写方式

4Kプロジェクターの仕様表やカタログを見ると非常にわかりにくいですが、大きく4つの投写方式があることが見えてきます。「ネイティブ4K」「4K UHD」「Eシフト」「4Kエンハンスメント」などです。
※リアル4K:リアル4Kとは文字通り規格通りという意味です。
「DCIの規格通り」「ITUの規格通り」という意味です。

ネイティブ4K

ネイティブ=本来のという意味で、水平画素数4096(4000に満ちている)規格。DCI-4K。劇場用のデジタルシネマプロジェクターに搭載している1.55型「4K SXRD」と同じ解像度「有効885万画素(水平4,096×垂直2,160画素)」をもつホームプロジェクター用のネイティブ4Kパネル0.74型「4K SXRD」を搭載。

Optomaが採用

4K UHD

ITU(4K UHD参照)規格。水平画素数3840 、Blu-rayDiscなども同様。2716×1525のDMDから9000回/秒のスイッチングで画面上に約8.3Mpを生成する2W(ツーウェイ)4Kシステム。

SONY様 ホームページから

eシフト

JVCの持つ特許方式。1画素を斜めに0.5画素シフトをし、倍増させる技術。現在はe-shift5、スクリーン上で3840×2160=8,294,400。

JVC様 ホームページから

4Kエンハンスメント

エプソン独自の4Kエンハンスメントテクノロジー。4Kエンハンスメントデバイスで1画素を斜めに0.5画素シフトさせることで、縦横の解像度を実質2倍にしている。4K相当と表現。

EPSON様 ホームページから

(オーエスマーケティングDiv.)


4Kプロジェクターと言っても、色々な種類(方式)があることをご理解いただけましたでしょうか。次回は、4Kプロジェクターをサポートする「4K対応スクリーン」をご紹介します。

そんな、4Kプロジェクターの「2018 世界シェアNo.1ブランドOptoma」の「Optoma UHD65」を絶賛販売中!!


4K UHD HDR対応 DLP プロジェクター Optoma オプトマ UHD60

※販売終了いたしました。

4K UHD HDR対応 DLP プロジェクター Optoma オプトマ UHD65

価格 : 403,510円(税抜)
ご注文はコチラ(ショッピングへ)

電動スクリーン OS オーエス STP(4K対応・HDR適合 レイロドール)

価格 : 422,600円(税抜)~
ご注文はコチラ(ショッピングへ)

張込スクリーン OS オーエス PA(4K対応・HDR適合 レイロドール)

価格 : 322,600円(税抜)~
ご注文はコチラ(ショッピングへ)

電動スクリーン OS オーエス SEPシリーズ(4K対応 WF302)

価格 : 262,600円(税抜)~
ご注文はコチラ(ショッピングへ)

サイドテンション電動スクリーン OS オーエス STP(4K対応 WF302)

価格 : 382,600円(税抜)~
ご注文はコチラ(ショッピングへ)

張込スクリーン OS オーエス PAシリーズ(4K対応 WF302)

価格 : 272,600円(税抜)~
ご注文はコチラ(ショッピングへ)

関連記事一覧